日常

ワールドカップ初戦!サッカー日本代表勝利!インタビューまとめ

おはよう、こんにちは、こんばんわ。

なんじゃです。

ワールドカップが始まりましたねー。

しかも不利だと言われていたコロンビア『2-1』で勝利するという大金星!

テレビで見ていたのですが日本選手の熱いプレーにワクワクされっぱなしでした。

そんな勝利後の日本選手の前向きな名言をまとめてみました。

どれも勇気付けられる素晴らしい言葉たちです。

長友佑都

「批判されればされるほど、なにかフツフツとしたものが心の中から出てきて、やってやるぞという気持ちになる。批判されてきたことが、今になってよかったかな」

ワールドカップ前にはすごい批判をされてきたが、逆に批判をバネにして力にした感じ。

『金髪にして負けなし』のジンクスをセネガル戦でも期待しています!

同郷なので応援に熱が入りまくりです^^

長谷部誠

「前回大会のギリシャ戦のように早い時間に相手が1人少なると、引いてブロックを固めてきますし、今日は数的優位になってから追いつかれた。そこからのゲーム運びはリスクを背負ってもバランスは崩せないところもあって、『そういう感覚を大事にしよう』とみんなで声を掛け合った。それが今日の結果につながったと思います」

「グループステージは残り2試合ありますから、次の試合に集中してやっていきたい」

さすがキャプテンですね。

プレイ中も冷静に行動し、選手をまとめていた。

まだまだ次があるので集中は途切れさせないと仰っています。

香川真司

「しっかりと冷静に蹴ることができた。うまくGKのタイミングを外すことだけど考えて、練習でやってきたことができてよかったです」
「自分たちの力、チームを信じた結果がつながった。切り替えて2戦目に向けて集中していきたいです。まだ何も成し遂げていないので、明日からいいリカバリーをして次の試合に備えたいです」

PKで先制ゴールを奪いました!

練習していたというタイミングずらし上手くいってましたね。

ゴールした瞬間は『よっしゃぁ~!』と思わず叫んでしまいました^^

乾貴士

「前半はチームに迷惑を掛けてしまった。反省して後半に入りました。勝てたことが何よりですし、自分自身何ができるか考えて守備に走ろうと。それが勝利につながったんじゃないかなと思います」

「勝てる試合だと思いましたし、(相手は)1人少ない状況でボールを持てる時間が多かった。点を獲りに行く気持ちは忘れずに、カウンターでやられないようにと考えていました」

「『勝ちたい!』という気持ちがああいうゴールを生んだと思います」

ほんと勝ちたいって気持ちが生んだゴールかもしれないですねー。

乾自信もナイス守備でした。

柴崎岳

「まずは相手が早い時間に退場して10人になったのですごくやりやすくなりましたし、そういう部分も味方につけていい試合ができたんじゃないかなと思います」
「もっと前線の選手を気持ちよくプレーさせたいですし、ゴールに迫るシーンを演出していきたい。しっかりリフレッシュして新たな気持ちで迎えていきたいと思います」

『気持ちよくプレーさせたい』ってなかな言えないですよね~。

自分の仕事をわかってるから、それをやればチームの勝利に繋がるということなんでしょう。

吉田麻也

「8年間待っていました」

「グループステージ突破へ向けて2試合目が大事になるので、同じように良い準備をしてチーム一丸となって頑張ります」

吉田麻也の

「8年間待っていました」が今大会前までの悔しさを表していますね。

セットプレーでのゴールを期待しています。

原口元気

「本当にきつかったですけど、勝利だけを求めてしっかり走れたかなと思います。前半からW杯独特の雰囲気があり、心拍数も凄く上がっててきつかったですけど、特にリードして最後を守り切る最後の10分あたりっていうのは、本当にきつくて倒れそうだったけど最後まで走りきれました」「もちろん同じように最初から100パーセントで、いい準備をして、また勝利を目指して頑張りたい。まだ1勝なのでまずはこのグループリーグを突破できるようにまた最善の準備をして頑張ります」

本当に走りきってました。

グループリーグ突破期待してます。

川島永嗣

「やはり個の力が強いチームなので、崩される局面はありましたけど、最後の最後までみんなが体を張ってくれました。厳しい時間帯に守りきれたことでいい結果を得ることができたと思います」

「同点でもしっかりペースを握れれば、必ず追加点を奪えると思っていました。それがしっかり実行できたゲームでしたね。この結果は僕たちにとって大きな自信になりますし、残り2試合も自信を持って臨みたいと思います」

1点を失点はしてしまったものの、日本の守護神として勝利に貢献しました。

体張ってゴールを死守だ。

酒井宏樹

「本当に、勝ち点1でも勝利に値する結果だと思っているので、それ以上のものが転がってきて、すごい幸せな気持ち」

「まだまだ課題もあったので、勝ったからこそ取り組める課題が多くあると思う。ここで終わらないように、次のステージに行けるように、1試合1試合やらないといけないですし、よりより厳しくチームとしてやって行かないといけない」

「今日に関しても、時間を追うごとにかなり崩すことができたし、相手のバランスは崩すことができた。よりそこからの精度を高めることができたら、もっともっとチャンスが増えると思うんで頑張って行きたい」

勝利後の笑顔が非常に印象に残ってます^^

前向きな発言に勇気を貰います。

本田圭佑

「結果は良かったが、内容は良くなかった。勝点3の意味はそこまで無いと思っている。相手が10人になってからの80分間、その優位さを活かしきれていない内容だった」

「勝ち点3を取れたので、満足いく結果だったと思います。一方で、内容に関しては決していいものではなかったかなと。相手が10人の中、そのアドバンテージを生かせなかったと思います」

「ここまで結果を出すことだけにこだわって準備してきた。自分に与えられた時間はわずかでしたし、欲を言えば自分が決勝点を決めたかったです」

「(この勝利は)そこまで大きいと思っていない。あと2試合あるうちの、一つは勝たないといけないからです。でも、その状況にできたのは上出来。自分たちで、そういうステージを作れたのは素晴らしいし、予選突破を目指して戦っていきたい」

本田節炸裂ですね。

けど自分に厳しくすることで成長を続けているんだと思います。

次戦はアシストだけじゃなくゴールも期待してます。

西野朗監督

「落ち着いて選手が入ってくれて、先制できてリズムを作れた要因だと思います」

「数的な優位は感じなかった。そんな中で選手は良いポジショニングから数的優位をつかんでゲームを進められた」

「選手がタフに戦ってくれた。その結果だと思います

チームをまとめあげ勝利に導いてくれました。

この調子で予選リーグ突破してください。

大迫勇也

「昔からの夢が叶ったのですごく嬉しかった」
「セットプレーは本当にたくさん練習して、練習通りの形が出せたので、みんなの力だと思います。(ゴールは)本当に夢だったので最高ですし、まだまだグループリーグ2試合あるのでこれから切り替えてやりたいと思います」

見事なヘディングで2点目を決めた大迫。

『大迫マジ半端ないって』が流行になっています(笑)

このフィーバーをセネガル戦でも期待です!

まとめ

ワールドカップ初戦のコロンビア戦後の勝利インタビューをまとめてみました。

次への意気込みも感じられ連勝に期待が掛かります。

6月24日は応援しないとですね。

頑張れ、日本っ!!

それでは、また。

ではでは~。

ABOUT ME
nanjaino
フリーランス目指して活動中。 目指せ脱サラっ! 2018年は、「ブログ」「SNS」「マラソン」「仮想通貨」について取り組んでいきます。